人物

佐倉涼太(赤バフ)プロフィールと高校や家族は?eスポーツの賞金も調査!

更新日:

こんにちは!あさぎです。

最近、「eスポーツ」という言葉をよく耳にしますよね!

日本は海外に比べて出遅れているようですが、2019年3月23日、24日には、幕張メッセで初めて第1回全国高校eスポーツ選手権が開催されました!

全国93チームから優勝をかけての熱い戦いです!

そこでおしくも準優勝となりましたが、佐倉涼太さんが注目されています!

一体どんな高校生なのでしょうか?

今回は、

  • 佐倉涼太(赤バフ)のプロフィール
  • 佐倉涼太(赤バフ)の高校
  • 佐倉涼太(赤バフ)の家族
  • eスポーツの賞金は?

について調査致しました!

気になった方は、ぜひ読んでみてくださいね!

佐倉涼太(赤バフ)のプロフィール

名前:佐倉涼太

誕生日:2001年8月24日

高校:岡山県共生高等学校

プレイヤーネーム:赤バフ

赤バフの名前の由来:

「僕はADCメインで、常に赤バフが貰いたいことをアピールするためにそういう名前にしたらそれで有名になっちゃって、本当は別の名前があったんですけど、変えるに変えられなくなってしまいました」(赤バフ選手)

真ん中が佐倉涼太さんですね!eスポーツ部のキャプテンでもあり、生徒会長を務めたことも。

きっと仲間をまとめるのが上手いのでしょうね!

佐倉涼太(赤バフ)の高校

佐倉涼太(赤バフ)の高校を調べてみました!

岡山県共生高等学校

偏差値は38で、岡山県内で189位/224位の学校です。

口コミでは、

総合評価
スポーツに打ち込むならいいと思います!勉強は自分のペースでできるので、いいと思います。意欲態度が良ければ留年はしないと思います。留学生なども多くて、外国人とのコミュニケーションがとれていいと思います!
 
とありましたよ!
また学科にはメディア情報コースが設けられており、パソコンの習熟とICT関連資格の合格を目指すことができます!
選考科目では、DTMやWEBデザインを学ぶことができるようです。
 

eスポーツ部について

 
練習時間:月水金の3日間で、15時半から17時半まで。
 
その後自主練習時間として17時から19時ぐらいまで自由に使える。
 
自主練習時間とは寮生のための延長時間で、月水金と限っているのは、部の掛け持ちを可能にするため。
 
eスポーツ部に入りたくて共生高等学校を目指す人は、メディア関係にも興味持っていると考えられます!
好きなことを勉強できる環境が揃っているので、ゲーム関係の職業を目指している人にぴったりの学校ですね!

佐倉涼太(赤バフ)の家族

佐倉涼太さんは、三人兄弟の末っ子です。

中学校の時、学校に通えなかった日が多かったので、彼に何かをさせなければということで、長兄がPCを与えました。

そして、次兄がゲーム好きだった影響で一緒にPCゲームを遊ぶようになり、その過程で「League of Legends」と運命的な出会いを果たしました!

2番目のお兄さんが、現在のeスポーツ部の原型となる、eスポーツ同好会の設立に尽力したそうです。

このeスポーツ同好会がきっかけで、佐倉涼太さんは岡山県共生高等学校を目指すことになりました!

そして、高校二年生、2018年の2学期にeスポーツ部が設立されました!

お兄さん達もすごく嬉しいでしょうね!ご家族で涼太さんを応援しています!

eスポーツの賞金は?

佐倉涼太さんが出場した、第一回全国高校eスポーツ選手権の優勝賞品は、

2泊3日の韓国eスポーツ体験旅行でした!

韓国のソウルには、eスポーツのための専用施設があるなど、eスポーツにはたくさんの資金を投入している国です。

最新の技術を間近で体験できる機会なので、とても素晴らしい商品ですね!

第二回目の賞品は、こちらです!

スペックが分からないので、値段が分かりませんが、低いスペックでも10万円はするのではないでしょうか。

これはぜひ優勝したい!と思えるような賞品ですね!

まとめ

今回は、第一回全国高校eスポーツ選手権で準優勝で大健闘した、佐倉涼太(赤バフ)さんについて調査致しました!

高校生活では、eスポーツ部でも主将を務め、学業でも成績優秀、生徒会長を務めるなど、スーパー高校生であることが分かりました!

ご家族のサポートのもと、これからも好きなゲームを極めて、第二回全国高校eスポーツ選手権で、優勝を目指して頑張ってほしいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

-人物

Copyright© ひらめきnote , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.