大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀の時間と場所は?出席者や交通規制やお供え物も!

こんにちは!

皇位継承に伴う一世に一度の重要な儀式「大嘗祭」の中心的儀式、「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」をご存知でしょうか。

大嘗祭は、毎年11月に国と国民の安寧や五穀豊穣を祈って行われる「新嘗祭(にいなめさい)」を即位後、初めて大規模に行うものです。

今回は、大嘗宮の儀について調べました。

  • 大嘗宮の儀の時間と場所
  • 大嘗宮の儀の出席者(参列者)
  • 大嘗宮の儀の交通規制
  • 大嘗宮の儀のお供え物

気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

大嘗宮の儀の時間と場所

大嘗宮の儀の時間と場所を調べました。

大嘗宮の儀の場所

  • 皇居・東御苑(大嘗宮)

大嘗宮の儀の時間

  • 悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀:11月14日18:30~
  • 主基殿供饌(すきでんきょうせん)の儀:11月15日0:30~ 

大嘗宮の儀の出席者(参列者)

大嘗宮の儀の出席者について調べました。

 招待客は平成の時の出席者より約230人少ない約670人が招かれます。

首相や皇族の方が出席されることが現段階では分かっています。

参考に平成の大嘗宮の儀の出席者を抜粋致しました。

  • 内閣総理大臣始め三権の長夫妻
  • 国務大臣夫妻
  • 認証官
  • 事務次官
  • 国会役員夫妻
  • 国会議員
  • 地方公共団体の代表
  • 斎田関係者関係者夫妻

大嘗宮の儀の交通規制

大嘗宮の儀の交通規制を調べました。

現段階では、警視庁のHPでは情報がありませんでした。

即位の礼の時も皇居周辺は交通規制がありましたので、おそらく大嘗宮の儀が行われる11/14~15もあると考えられます。

情報が入り次第更新致します。

大嘗宮の儀のお供え物

大嘗宮の儀のお供え物を調べました。

儀式では天皇陛下が斎田で収穫された米などを天照大神(あまてらすおおみかみ)とすべての神々に供えます。

そして天皇陛下自身も食べ、国と国民の安寧や五穀豊穣などを祈られます。

大嘗祭で使うお米は、

  • 栃木県【とちぎの星】
  • 京都府【キヌヒカリ】

が選ばれています!

他にも

  • 愛知県の「繒服(にぎたえ)」という絹の反物
  • 徳島県の「麁服(あらたえ)」という麻の反物
  • 「庭積(にわづみ)の机代物(つくえしろもの)」と呼ばれる全国の都道府県の特産物

がお供えされます。

こちらは

大嘗祭で選ばれた栃木県産【とちぎの星】です。

食味ランキングでも特Aを受賞しています!

まとめ

今回は、大嘗宮の儀について調べました。

大嘗宮の儀の場所

  • 皇居・東御苑(大嘗宮)

大嘗宮の儀の時間

  • 悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀:11月14日18:30~
  • 主基殿供饌(すきでんきょうせん)の儀:11月15日0:30~

の日程で開催されます。

約670人が招かれ、皇居周辺は交通規制があると予想されます。

また詳しい情報が入り次第更新致します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【↓↓大嘗祭関連記事↓↓】
大嘗宮の一般公開の場所と日程は?費用と茅葺(かやぶき)も調査!

カテゴリー

よかったらシェアしてね!

手軽に栄養が取れるパン!BASE FOOD

ベースフードは、1食分で必要な栄養素がカバーできる完全栄養の主食です。

累計販売数は1,000万食を突破し、CMでも話題になっています。

自炊が増えて栄養バランスが気になる人にもピッタリです。

私も実際に食べて、とても美味しかったのでレビュー記事を書きました!

この記事内のリンクから申し込むと友達紹介2,000円OFFで購入できますよ。

▶ベースフードって美味しいの?食べてみたレビュー記事はこちらBASE FOOD アイキャッチ

コメント

コメントする

目次
閉じる