人物 未分類

丸川照司(アイカサ社長)のwikiプロフと経歴は?高校と大学や年収も!

投稿日:

こんにちは!あさぎです。

最近では、シェアリングエコノミーという言葉が身近になってきましたね!

今、「アイカサ」という、いつでもどこでも傘をシェアできるサービスが話題になっています。

傘をシェアすることにより、廃棄になってしまうビニール傘のムダを無くしたい!という想いで起業したのが、創業者で社長を務める丸川照司さんです。

今回は、斬新なアイデアの持ち主の丸川照司さんについて調べました。

  • 丸山照司(アイカサ社長)のwikiプロフィールと経歴
  • 丸山照司(アイカサ社長)の高校と大学
  • 丸山照司(アイカサ社長)の年収

ぜひ読んでみてくださいね。

丸山照司(アイカサ社長)のwikiプロフィールと経歴

丸山照司さんのwikiプロフィールを調べました。

  • 生年月日:1994年生まれ(25歳)
  • 出身地:埼玉県
  • お母さんが台湾人、お父さんが日本人
  • 言語は中国語と英語を話せる

丸山照司さんの経歴を調べました。

  • 6歳まで数ヶ月単位で台北と日本を行き来していた
  • 6~10歳までシンガポールで暮らす
  • 中学と高校は日本で生活する
  • 日本の大学で学んでいたが、中退
  • 19歳の時に子ども目線の反抗期カウンセラー
  • 20歳に株式会社ノジマでセールストップ8
  • マレーシアの大学に留学
  • 2017年10月 マレーシアの大学をやめ、日本に戻る
  • 2018年6月 傘のシェアリングエコノミー「アイカサ」を設立

丸山さんのお母さんがとても教育熱心な方で、レベルが高い教育を受けるためにシンガポールに無理やり連れていかれたり、週8で塾に通わされる、というエピソードがあります。

そこで無理やりレールが引かれるのがイヤで、激しい反抗期があったようです。

その家庭環境で悩んだことから、児童福祉の分野に興味を持ち、そこからビジネスにも興味をもつきっかけになったということです。

丸山照司(アイカサ社長)の高校と大学

丸山照司さんの高校と大学を調べました。

 高校:埼玉県立草加東高校

偏差値が49で、埼玉県内公立では、90位/ 255件中です。

日本の大学は情報が分かりませんでしたが、留学した大学は、

大学:マレーシアのウエストミンスターインターナショナルカレッジ

です。

この大学はビジネスを学べる専門大学です。

丸山さんは、マレーシアの留学中に、シェアリングネイチャーの関心が高まり起業することになりました。

中国やマレーシアなどアジア圏では、日本よりもシェアリングエコノミーが当たり前のようにある事が刺激になったんですね!

丸山照司(アイカサ社長)の年収

丸山照司さんの年収について調べました。

アイカサのサービスは広まっているとはいえ、まだ地域が限られています。

ネットで調べたところ、ベンチャー社長・子会社社長の年収は、

1,500万円~2,500万円

という情報がありました。

今後、アイカサの利用地域が増えて、傘のシェアリングエコノミーが当たり前のように普及すれば、確実にこの位の年収にはなると考えられます!

まとめ

今回は、傘のシェアリングサービス「アイカサ」の社長丸山照司さんについて調べました。

  • ご両親が台湾人と日本人で、丸山さんはハーフ
  • 高校:埼玉県立草加東高校
  • 大学:マレーシアのウエストミンスターインターナショナルカレッジ
  • 今後アイカサのサービスが広まれば、丸山社長の年収はスゴイことに
  • アイカサは、ビニール傘のムダをなくす、環境に優しいサービス

最後までお読みいただきありがとうございました。

-人物, 未分類

Copyright© ひらめきnote , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.