イベント ラリージャパン2020

ラリージャパン2020のチケットの値段(料金)は?日程とコースや観戦方法も!

投稿日:

こんにちは!あさぎです。

2010年に北海道で開催されたラリー・ジャパン(WRC)が、再び10年ぶりに日本で開催されることになりました。

2017年からトヨタ自動車が(WRC)に参戦したこともあり、モータースポーツファンや、開催地の愛知県全体でも盛り上がっています。

今回は、2020年11月に開催されるラリー・ジャパンの詳しい内容について調べました。

チケットの料金や、コースの情報なども分かりますので、ぜひ読んでみてくださいね!

ラリージャパン2020(WRC)の日程と開催場所

開催日程:2020年11月19日(木)~22日(日)

開催場所:愛知・岐阜エリア

ラリージャパン2020は、11月19〜22日に開催されます。

現在は、コロナウイルスの感染拡大防止により、大人数が集まるイベントが相次いで中止や延期になっています。

ラリー・ジャパンもスケジュール通りに開催できるのか、ちょっと不安ですよね。

世界ラリー選手権では、下記の3つの大会が延期となっています。

  • Rd.4ラリー・アルゼンチン(4/23〜26)
  • Rd.5ラリーポルトガル(5/21〜24)
  • Rd.6ラリーイタリア(6/4〜7)

そして調べたところ、5月6日のWRCプロモーターとFIAの共同声明では、日本での開催スケジュールに変更はない、との発表がありました

このままコロナが収束して、11月にラリー・ジャパンが開催される事を願いたいですね!

ラリージャパン2020(WRC)のチケットの料金と発売日は?

ラリージャパン2020のチケット料金は、まだ発表されていません。

参考に2010年札幌開催時のラリージャパンのチケットを調べました。

  • 観戦チケット:大人:6800円/小学生1500円 シャトルバス運行あり
  • サービスパーク入場券:各日2000円/小学生無料
  • サービスパーク駐車券:各日1台2500円
  • プレミアムパス(全観戦エリア):15万円/限定100枚
  • サポーターパス(全観戦エリア):8万円/限定500枚

2020年では、物価や消費税が上がっているので、1〜2割は高くなるんじゃないかと予想されます。

チケットの発売日は当初6月を予定していましたが、現在は延期になっています。

分かり次第追記いたします。

ラリージャパン2020(WRC)のコース

ラリージャパン2020のコースが決定するのは、6月の予定です。

モリコロパークや新城などにSS(スペシャルステージ)が設定がされます。

既に、ラリージャパンのテストイベントとして開催された2019年の11月のセントラルラリーでは、ドライバーから愛知と岐阜のコースに対して高評価が得られています!

山の中の道だけでなく、広い道や民家のすぐそばを通る道もあり、すごく楽しめるコースだった!ということです。

本番のラリージャパン2020のコースも、今から楽しみですね!

ラリージャパン2020(WRC)の観戦方法

ラリーを観戦するには、SS(スペシャルステージ)の観戦ポイントまでの移動、ラリーパークのやサービスパークの見学など、長い距離を歩く必要があります。

そのため、歩きやすい靴や動きやすい服装がおすすめです。

山の中の天気は変わりやすいため、雨カッパも携帯しておくと安心です。

折りたたみ椅子やレジャーシートも必須アイテムなので、事前に必要なものを準備しておくと、よりラリージャパンを楽しむことができます。

まとめ

今回は、ラリージャパン2020の詳細について調査しました!

  • 開催日程:2020年11月19日(木)~22日(日)
  • チケット料金は未定。(2010年は6800円だったため、1〜2割は高くなると予想)
  • チケット発売日は当初6月だったが、現在は延期となっている
  • コース:愛知・岐阜エリアで6月頃決定

コロナウイルスの状況によっては、今後スケジュールに変化があるかもしれませんが、現在はスケジュール通り開催ということが分かっています。(6月1日現在)

また新しい情報が入り次第、追記いたします。

-イベント, ラリージャパン2020

Copyright© ひらめきnote , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.