未分類

日本でペイパービューが視聴できるサービスは?意味やオンデマンドとの違いも!

投稿日:

こんにちは!あさぎです。

2020年6月中旬頃に動画配信サービスのABEMAが、「PayPerView」(ペイパービュー)機能をつけて、オンラインライブを開催します。

「ペイパービュー」とは、動画コンテンツなどを1回ずつ購入するという課金の仕組みです。

コロナウイルス感染を防ぐために、これからは大人数で集まるライブを開催することが難しくなっています。

今後、アーティストや演劇、イベントなどは、ペイパービューの機能を使って動画を配信し、活動を維持していくようになると予想されます。

今回は、ペイパービューの意味や、現在日本でペイパービューを導入しているサービスを調べました!

ペイパービューの意味は?

ペイパービュー(PPV)の意味を抜粋させていただきました。

動画コンテンツ等のインターネット配信や、衛星放送、ケーブルテレビにおける課金方式の1つ

引用元リンク:PPV

ペイパービューは、衛生放送のスカパーや、ケーブルテレビなどで導入されています。

既にプロレスやボクシング、総合格闘技では、ペイパビューの方式で試合が行われています。

アメリカでは、PPVで試合が行われるのはメジャーになっているんですね!

ペイパービューは料金が高いという口コミも

ペイパービューは、スポーツ試合やライブなどイベントによって様々ですが、

実際の臨場感が感じられないので、値段が高い、と感じてしまう方もいます。

また、その一方でアーティストやスポーツ選手を応援する気持ちや、会場にいく交通費を考えると安い!という方もいらっしゃいます。

日本でペイパービューを導入している動画配信サービス

2020年6月現在で日本でペイパービューを導入している動画配信サービスを調べました。

スカパー

インターネット回線や電話回線を利用してみたい番組やチャンネルを
番組単位で購入します。

料金は視聴した分だけ支払いますが、基本料429円(税込み)/月が発生します。

2019年のrizin.18の試合は3000円で視聴ができました。

J:COM 

ケーブルテレビのジェイコムもペイパービューを導入しています。

ジェイコムでは、スポーツの試合にはあまり強くないようなので、プロレスを視聴したい方はスカパーがおすすめです。

ペイパービューは、映画作品やアダルト作品などがあります。

ABEMA

アベマでは、6月中旬頃にペイパービュー機能が登場します。

購入する時は、100コイン120円から購入することができます。

既に、オンライン音楽フェスや、サザンオールスターズのライブなどが決定しています。

今後や無観客試合や無観客ライブなど、ペイパービューを利用したイベントが増えると予想されます。

ペイパービューとオンデマンドの違い

ペイパービューは、1回観た分だけの料金を支払うことになりますが、視聴する放送時間が決まっています。

U-NEXTやアマゾンプライム・ビデオなどの動画配信サービスの中には、ポイントを消費したり、有料の作品がありますよね。

視聴できるのは期限が決まっていて買い切りのため、その作品をPPV作品とも呼びます。

オンデマンドの意味は、利用者の注文に応じて、商品やサービスを提供することです。

よく耳にするVODとは、Video On Demand(ビデオオンデマンド)の意味なんですね。

NHKオンデマンドやU-NEXTなどがオンデマンドのサービスとして有名です。

オンデマンド作品でもお金を支払いますが、ペイパービューとの違いは、利用者が視聴したい時間を決められることです。

まとめ

ペイパービューとは、動画コンテンツや番組を1回ごとに課金して視聴する方式のことです。

日本では、スカパーとジェイコムが導入しており、2020年6月中旬からABEMAでもサービスが開始されます。

今後は、ペイパービューを利用した無観客ライブやスポーツ大会などが増えてくると予想されます。

動画が1回しか視聴できないから高いのでは...と思う方もいらっしゃるかと思いますが、サービスによっては放送終了後も動画を楽しむことができます。

ペイパービュー機能が、エンターテインメントをより身近に感じさせてくれるのか、今後が楽しみですね!

-未分類

Copyright© ひらめきnote , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.