健康 食品

ノビレチンを多く含む食品(柑橘類)は?摂取量と含有量比較やおすすめサプリも!

更新日:

こんにちは!

認知症予防につながる【ノビレチン】という成分が話題になっていますね。

認知症を「治す」薬の開発は、早くても数年後にはなってしまうので、予防しようという動きが重要です。

【ノビレチン】を多く含む食品を摂取すれば、認知症を発症するリスクが減る事が研究結果で分かっているので、ぜひ毎日の食事に取り入れていきたいですね!

今回は、

  • ノビレチンを多く含む食品【柑橘類】と含有量比較
  • ノビレチンは美白・美肌効果も期待できる!
  • ノビレチン1日の摂取量がこれでOK!おすすめサプリ

について調べました。ぜひ読んでみてくださいね!

ノビレチンを多く含む食品【柑橘類】と含有量比較

ノビレチンを多く含む食品はどんな食品があるのでしょうか。

スーパーにある身近な食品であったら、積極的に食卓に取り入れたいですよね。

100g当たりの果皮中のノビレチン含有量表にまとめてみました。

柑橘類ノビレチン含有量
シークワーサー267mg
橘(たちばな)シークワーサーと同等~それ以上
ポンカン127mg
カボス89mg
温州ミカン24mg
レモンほどんど含まれてない
グレープフルーツほどんど含まれてない
きんかんほとんど含まれてない

一番多くノビレチンが含まれるのは、シークワーサーと橘(たちばな)です。

柑橘類でもレモンとグレープフルーツは、ほとんど含まれていないんですね。

季節によってもノビレチンの含有量が違う事が分かっています。

ノビレチンを一番多く含む柑橘類は、9月に収穫した青色の酸っぱいシークワーサーです!

そして一番ノビレチンが多く含まれているのは果皮です

青色のシークワーサーの含有量が200~300mgに対し、甘みが増した黄色のシークワーサーは、120mgに減少してしまいます。

青色のシークワーサーは年中手に入る訳ではありません。

ノビレチンを毎日手軽に取り入れたいなら、シークワーサージュースがおすすめです!

↓↓ノビレチンが豊富な青切りシークヮーサー 送料無料はこちら↓↓

ノビレチンは美白・美肌効果も期待できる!

ノビレチンは認知症予防の効果があることで話題になりましたが、実は美白・美肌効果も期待できます!

ノビレチンにメラニン色素の生成を抑制する(いわゆる美白効果)ことが研究で分かっています!

シークワーサーを摂取すれば、ノビレチンとビタミンCも一緒に摂取できるのでアンチエイジングにもってこいの食材ですね!

ノビレチン1日の摂取量がこれでOK!おすすめサプリ

ノビレチンを摂取すれば、認知症予防や美肌効果が期待できることが分かりました!

では1日にどの位摂取すればよいのでしょうか。

調べたところ、1日の摂取量の目安は、1日の摂取量は3.5mg~11mgと言われています。

これをシークワーサーで換算すると、約13~20個食べる事になります!

身体のためとはいえ、シークワーサーをそんなに食べるのは難しいですよね。

シークワーサジュースもそんなに好きではないし...。

そんな方におすすめなのはサプリと粉末です!

サプリや粉末なら簡単に1日の目安量の摂取をクリアすることができますよ。

ノビレチンを毎日摂取するなら、ぜひ試してみてくださいね!

↓↓【送料無料】お試しノビレチンアミノプラス10包入り初回限定!お1人様1セット限定!「只今注文が殺到しており、発送は11月頃になります」↓↓

-健康, 食品

Copyright© ひらめきnote , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.