フランフランハンディ扇風機の掃除の仕方は?分解はできるのか調査!

こんにちは!あさぎです。

夏になると涼しくて重宝するハンディ扇風機ですが、時間がたつとどうしてもホコリがついてしまいます。

機種によっては分解できるハンディ扇風機もありますが、フランフランのハンディ扇風機は、分解を前提している仕組みにはなっていません。

今回は、SNSとネット上からフランフランのハンディ扇風機の掃除の仕方を調査しました!

目次

フランフランのハンディ扇風機は分解できる?

ハンディ扇風機を掃除をする時は、羽のホコリを除去したいので、カバーを取って分解をしたいですよね。

フランフランのハンディ扇風機のカバーは、そもそも取れない仕組みになっているようです。

SNSでは分解しようと試みるも、できなかったり、少し破損してしまった、という声が見られました。

マイナスドライバーでカバーを浮かせて、間から除菌シートで拭いた、という方もいらっしゃいます。

しかし、無理してカバーのツメが折れてしまったとのことで、分解はできても戻すときに破損してしまう可能性もあります。

なるべくなら、分解せずに掃除する方法があるといいですよね。

フランフランのハンディ扇風機の掃除の仕方

SNSよりカバーを外さないで掃除する方法を調査しました!

  • 隙間から綿棒突っ込んで地道に掃除
  • 綿棒2つでゴシゴシ!1時間かかった
  • 使い捨てか…?
  • 綿棒を使って掃除、細かくて大変!

調査したところ、隙間から綿棒で細かいところを掃除している人が多いこと分かりました。

時間がかかって大変ですが、カバーが破損して使えなくなってしまうよりは、安心な方法ですね。

現在は、カバーが取り外しができるハンディ扇風機も、たくさん販売されるようになりました。 

▶扇風機 首かけ 2020 取り外しカバーハンディファンはこちら

今後発売されるハンディ扇風機には、掃除のことも考えて、カバー取り外し機能があると嬉しいですね。

まとめ

フランフランのハンディ扇風機のカバーは取り外しできる仕組みになっていません。

マイナスドライバーなど細いものでカバーを浮かしたり、外す必要があります。

カバーが外せても、戻すときにツメが破損してしまう場合がありますので、気をつけてくださいね。

カバーを外さずに掃除をするには、カバーの隙間から綿棒を入れてホコリを取る方法がおすすめです。

他のメーカーでは、カバー取り外し可能なハンディ扇風機もありますので、参考にしてみてくださいね。

▶扇風機 首かけ 2020 取り外しカバーハンディファンはこちら

カテゴリー

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

湘南美容外科はカウンセリング無料!

湘南美容外科は、お誕生日には5,000ptプレゼント!LINE登録で3,000円!

ポイントチケットは併用できるので、お得に施術できますよ。

無理な勧誘はないため、その場でしっかり検討することができます。

▶【私の体験談】10個までシミ取り放題の記事はこちらです。

混雑しているため、WEBでの早めの予約がおススメです。

▶湘南美容外科クリニックの無料カウンセリングはこちらをタップ

美容整形

目次
閉じる