キレイになりたい

カーブスの退会手続きは大変!?トラブルなく退会するために注意すること3つ

更新日:

カーブスは店舗によっては退会手続きがちょっと大変!という話があります。

退会したくても、引き止められることがあり、なかなか辞められないことがあるそうなのです。

この記事では、カーブスの退会手続きや注意点を3つまとめました。

引き止められず退会できる理由も考えてみたので、ぜひ読んでみてください。

カーブスに休会制度はある?

カーブスに基本的に休会制度はありません。

しかし、転居、病気や妊娠など特定の理由があれば、「特例退会」ができます。

特例退会は、退会という言葉使われていますが、また再入会することが前提となっています。

つまり、ほぼ休会する意味と一緒です。

なんだかややこしいですが、休会したい場合も一旦は退会することになります。

[memo title="MEMO"]特例退会の場合は、再入会金は無料です。[/memo]

カーブスの退会方法は2種類

カーブスの退会方法は2種類あります。

通常退会

通常退会とは、自分都合の理由で退会することです。

退会するには、電話やネットではできません。

退会手続きをするための面談予約を取り、退会届けにサインをする必要があります。

退会届出書を提出した翌月の末日が退会日です。

5月15日に提出したら、退会日は6月30日になるということですね!

特例退会

特例退会とは、転居、病気、怪我などやむを得ない事情の場合に適用されます。

特例退会に該当すれば、当月退会が可能です。

通常退会とは違って、翌月末まで会費を払う必要はありません。

特例退会するには手数料315円が必要です。

注意したい点は、特例退会は退会と言っても再入会が前提となっています。

[say img="https://drive.google.com/uc?id=1tgDh56ZF3Dq8azhoR_C3LU94j-fyZDwf" name="あさぎ" from="right"]もう一度入会するつもりがないなら、きっぱり通常退会した方が手続きが早く終わります。[/say]

カーブスを退会する前の注意点3つ

カーブスを退会する前に注意したい点を3つまとめました。

違約金が発生することもある

12か月お得コースの契約をした場合には、12か月継続してくれる限定で毎月1,000円がお得になっています。

つまり1年未満で退会をしてしまうと、違約金が発生してしまいます。

入会からの月数 違約金
1ヶ月目 1,000円
2ヶ月目 2,000円
3ヶ月目 3,000円
4ヶ月目 4,000円
5ヶ月目 5,000円
6ヶ月目 6,000円
7ヶ月目以降〜12ヶ月目 6,000円

12か月目の退会で違約金が発生するなら、13か月目の退会にして違約金をなくす、という方法もありですね。

ちなみに支払が一か月コースの方には、違約金は発生しません。

引き止められない退会理由を考えよう

退会するには、店舗のコーチと面談が必要です。

コーチによりますが、退会を引き止めてくる方もいるようです。

退会するには、しっかり自分の意思を持って退会理由を告げる事が大切です。

退会理由は下記の二つがおすすめです。

[list class="li-check"]

  • 経済的にしんどくなった
  • 仕事や家庭の都合で時間帯が合わなくなった

[/list]

引っ越し、体調が悪くなった、などの理由は、特例退会を進められてしまいます。

特例退会は再入会が前提なので、いずれ入会お誘いの電話が来ます。

きっぱりカーブスを退会したい場合は、自分の辞めたい意思を押し通してくださいね。

退会は申し込み月の翌月末

カーブスの退会は、退会届を提出した翌月末です。

6月1日に退会届を出した場合は、7月末が退会日になってしまいます。

7月分の会費がなんだかもったいないですよね。

退会したいと思ったら、早め早めのタイミングで申し込みをして、無駄な会費にならないようにしたいですね。

実際にカーブスを退会した人の口コミは?

カーブスを退会した人の口コミをまとめました。

退会手続きの予約は必須

退会するには、退会届にサインする手続きが必要ですが、担当者がいないと対応してもらえないことがあります。

退会手続きをするなら、担当者に面談の予約を取るのが確実です。

タイミングがずれると、1か月分多く支払うはめになってしまいます。

退会した後も勧誘のお誘いがある

カーブスは退会が終わった後も、しばらくは勧誘の電話があるようです。

きっぱり入会の意思がないことを、お伝えすれば大丈夫かと思います。

【まとめ】事前予約をして退会の意思をはっきり伝えればOK!

カーブスの退会手続きは簡単ですが、知らないと損してしまうことがあります。

退会する前に把握しておきたい事をまとめました。

[list class="li-check"]

  • 特例退会で休会のような措置もある
  • 確実に退会届を書くなら、面談予約をする
  • 退会できるのは届け出の翌月末
  • やむを得ない場合は当月退会も可
  • 退会を引き止められる場合もある

[/list]

退会届の提出が月をまたいでしまうと、退会できるのがさらに1か月ずれてしまいます。

1か月ずれるとその分会費も支払わなけらばなりません。

とにかく早め早めに退会したい旨を伝えて、面談の予約を取りましょう。

引き止められる場合も想定して、はっきり辞めたい意思を伝えてくださいね。

Follow me!

    -キレイになりたい

    PAGE TOP

    Copyright© ひらめきnote , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.